スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
FC2 managemented

Cinema Panopticum Thomas Ott(著)



バルセロナの本屋で買いました。けど、バルセロナとはなんの関係もありません。なぜ買ったかというと、文章が無かったから。英語もスペイン語もわからないので、絵だけの本を探していたところ、これを発見しました。

Cinema Panopticum
Thomas Ott
amazon.co.jpで詳細を見る
独特のお話が5話ほど収録されてます。絵だけで内容が理解できる程度の話なので
そんな複雑なものではないのですが、”何を意味してるのか”、”何が言いたいのか”、文章が無いだけに、ちょっと理解が難しい話もちらほら。それもこの本のいいとこですけど。内容は 明るいか 暗いか と言われれば 暗い です。エドワード・ゴーリーの絵本と似た雰囲気ですが、ゴーリーほど暗くは無いです。作者はスイス人のトマス・オット。ヨーロッパでは有名な方らしいです。

暗くて意味深な話、雰囲気のある細密描写画が好きな方はお手元に取られてはいかかですか?


スポンサーサイト

  1. 2006/04/30(日) 17:29:12|
  2. book|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
FC2 managemented

バルセロナ&ローマ旅行記-02-食事ってどうなのよ?



いつも苦労するのが食事です。勝手のわからない国で食事するのは難しい。しかも、ユーロ高(1ユーロ=約150円)で、どの店も高く感じてしまうケチな人間なので余計に食べれないのです。

結果、スーパーマーケットで買って夕食を済ますことが多くなってしまいました。今回は簡易電熱鍋器?を持っていかなかったので何の調理もできず、給湯器も無かったので部屋で温かいものを食べることができなかったです。なので、バルセロナではラスク、ハム、チーズ、トマト、
スナック菓子というさみしい夕食になってしまいました。
インディアンファーストフードローマではインディアンファーストフードとスーパーで売ってる計り売りピザが加わり、いくらか豪勢になりました。特にインディアンファーストフードKabirには2回お世話になりました。人気の無い怪しげな場所にあるちょっと入りづらい店ですが、中には本格カレー(ラムorチキン)や辛そうな肉団子みたいなやつ、サモサというインド風饅頭?など色々あります。今回は2回ともカレーを頼みました。ラムのカレーがマイルドでお薦めです。
スーパーの量り売りピザは大きさをどう指定したらいいかわからず頼みづらかったのですが、勇気を出して頼んだら、おじさんが「このくらいか?このくらい?」みたいな感じのジェスチャーで大きさを聞いてくれたので、適当な大きさで「オッケー!」みたいなことをいったらいい感じで切ってくれました。半径20cmくらいのピザ一枚で6ユーロくらいだから安いです。おいしかったし。今回利用したスーパーはテルミニから徒歩5分ちょっとのところにあるサンタマリア・マッジョーレ教会の左斜め前くらいのsmaというスーパーです。
バルセロナでよく利用したのがFresCoとLa Vaca Pacaというビュッフェスタイルのお店。どちらも日本人が多いです。サラダとかパスタなどが好きな分だけ勝手に取れるので楽だし、野菜がたくさん食べれます。値段は夜でも10ユーロいかないくらいなので、まぁ安い方なのではないでしょうか。

ローマで2回利用したのがテルミニ駅近くのジネストラという店。味はまあまあよりおいしいかな。ピザが全品5ユーロでした。パスタ系は7ユーロくらい。サラダとパスタ系とメインディッシュの3品がつくツーリストコースが10ユーロと安いです。ぼくはローストポテト、ラザニア、ローマ風豚肉焼き?みたいなのを食べました。おなかいっぱいです。

言葉がしゃべれるともっと気軽にお食事ライフを堪能できるんだけど。



  1. 2006/04/15(土) 21:18:15|
  2. travel|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
FC2 managemented

バルセロナ&ローマ旅行記-01-治安ってどうなのよ?



出発前にもっとも気にしていたのが治安。スペインもイタリアも治安は良くないという噂だったので結構心配していました。

結果を言うと、バルセロナではタクシーで軽く?ぼったくられ、ローマでは相棒がスリにやられかかる&レストランで軽くぼったくられました。でもたいしたことじゃ無いし。別にいいんですよ。むしろ色んな意味で良かったんじゃないかな。うん、逆に良かった。


...ふーっ...。はい。やられましたよ。しっかり被害に会いましたよ。

バルセロナでは11時くらいの空港到着だったので、ホテルまでタクシーを使いました。夜なので割り増し+スーツケース2個分+空港料がかかるとしても”ちょっと高いんでないの?”という値段だった。45ユーロ。1km走行毎にメータが上がるはずなのに、停車中になぜか上がるメーター。それゆえビミョーに上がりが早い。
お金を払う時だけ運ちゃんは満面の笑み。その素敵な笑顔に免じて許すことにしました。
バルセロナの地下鉄の駅
バルセロナでやられたのはこのタクシーだけ。街中では特に危険は感じなかったし、ゴシック地区も雰囲気はあまり良くないけど大丈夫そうな印象でした。地下鉄もロンドンとかパリとかと同じような感じでスリとかに気を付けていれば問題ないです。
結論としては”バルセロナはそんなに危なくない”...と思います。
ローマはバルセロナよりは要注意です。何しろ観光客が多いので、それを狙う悪い人も多いということでしょう。右の写真はトレヴィの泉前ですが、人が多すぎてまともに”泉”が写せませんでした。スリにとっても絶好のポイント?
実際に相棒がすられそうになったのは夜のテルミニ駅前。スーパーからの帰りで両手が塞がっているところに背後からバックのチャックを開けられましたが、間一髪気付いて被害なしでした。
トレヴィの泉前の人々
レストランではレシートを一応確認しましたが、ちゃんとその場で足し算をせずに支払いました。ホテルでよく確認したら5ユーロほど余計に取られていることが判明しました。ちょうど良かった。もっとチップ上げればよかったと思ってたところだしね...。
ケアレスミス。見直しは忘れずにしましょう。
治安があまり良くない分、ローマは警察官が街中にたくさんいます。だからある意味安心?です。でも毎日のようにサイレンの音を聞いてたような気がする。結局ローマは治安が悪いようです。


この程度の被害ならかわいいもんですね。無事帰ってこれたらそれでいいのです。



  1. 2006/04/01(土) 23:57:33|
  2. travel|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
FC2 managemented

       Let's GatyaGatya
       Get photoroller β

03月 « 2006年04月 » 05月
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category


recomend movie

recomend music

recomend books

recomend comics

TAB button


specials links

ピース ウインズ ジャパン
日本イラク医療支援ネットワーク

Search

Information

all illustrated and words by

Pictorial Illustration Studio
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。